7days to die α19 アップデート方法 と ゲーミングPC

7days to die α19 アップデート方法

待望のα19 テスト版の公開です。

アップデート方法は
①Steamライブラリの【7 Days to Die】を右クリック⇒【プロパティ】
②プロパティ画面で【ベータ】タブを選択 
③ドロップダウンリストから【latest_experimental – Unstable build】を選択
以上。

低スペックPCはバグに注意

>> ついに 7 Days to Die (7DTD) α19正式版が開始 

7days to dieの不安定版へのアップデートはあまりおすすめしない。

毎度のことだがバグ三昧になるので、特に低スペック環境では、あまりの重さにハングアップする可能性が高い。PCハードに破滅級のダメージを受けても文句を言えないのが “Unstable build” という代物だ。

問答無用にアップデートしたらどうなるか?

たいていの場合はα19の面白さに取りつかれてゲームに時間を奪われることになる。睡眠不足には注意だよ。それぐらい今回のアップデートも新鮮な驚きがあった。

そこそこの処理能力があるゲーミングPCなら大事に至ることは滅多にないと思うが、テスト仕様の不安定であることだけは意識しておくべきだ。

7Days to Die α19 をプレイするためのゲーミングPC

多くのプレイヤーが予想した通り、α19アップデートにより7Days to Dieは再び重量化された。

当然ながらグラボ無し環境は論外、メモリは8GB RAMでは確実に不足する。

新たに7 Days to Die の世界に参入するプレイヤーは低価格帯なら少なくとも「GALLERIA RT5」程度のゲーミングPCは備えておくべきだろう。

 

現行版 GALLERIA RT5のスペック
Ryzen 5 3500
GeForce GTX 1660 SUPER 6GB GDDR6
16GB DDR4 SDRAM
256GB NVMe SSD / 1TB HDD

同機のスペックは低価格ながら最低限のプレイ環境は備えている。ライトゲーマーであればある程度はゾンビワールドを楽しめる仕様だろう。

 

リアルな 7 Days to Die の世界へ没頭したいというゲーマーであれば「GALLERIA XF i7-10700搭載 ガレリア XF」並みのゲーミングPCが必須になる。

現行版 GALLERIA XFのスペック
Core i7-10700
GeForce RTX 2070 SUPER 8GB
16GB DDR4 SDRAM
512GB NVMe SSD / 2TB HDD