【悲報】KONAMIのゲーミングPC「ARESPEAR」は一般ゲーマー手出し無用のプロ仕様か

コナミアミューズメントがeスポーツ向けゲーミングPCに参入。7月27日に初製品として「ARESPEAR(アレスピア)」3モデルの予約を開始した。

最上位モデル「ARESPEAR C700+」の価格は338,800 円(税込)。

この価格設定がボッタクリなのではないかと現在ネットがプチ炎上している。

・主要スペックに対して価格が高すぎる
・同等スペックのゲーミングPCを半額で自作できる
・大手BTOマシンも半額で購入できる
・コナミのネームだけで10万円も高くなっているのではないか

などの批判的な意見が目立った。

確かに大手BTOマシンとARESPEARを公表パーツだけで比較すれば、この価格設定がいかに高額かは一目瞭然だろう。だが表面上の情報だけでボッタクリと批判するには時期尚早か。

・こんなゲーミングPCを買うのはプロゲーマーぐらい

ARESPEARが一般ゲーマー向けではなくプロ仕様のゲーミングPCなら全く話が違ってくる。

eスポーツ 競技用ゲーミングPCに不可欠なのは絶対の安定性

ゲーミングPCのスペックを「CPU、メモリ、グラボ、ストレージ」のみで評価するなら、確かに18万円もあればARESPEAR C700+に匹敵する性能のゲーミングPCを組むことができる。

だが、もし対象ユーザーが「eスポーツ選手」だったらどうだろう。

プロ仕様のゲーミングPCであれば主要スペックに加え、高度な「堅牢性」と「安定性」が必須となる。そうなると同程度のメモリやグラボ、ストレージ等の主要パーツを選定しても価格は大きく開いてしまう。

さらにケース、マザーボード、電源、冷却システム、グリス、ケーブルやネジ1つまでこだわって組むとなるとスペック以上に高額になるのは当然だ。

仮に私が「ARESPEAR C700+」と同等の主要パーツで自作ゲーミングPCを1台見積もったところ「36万円(税込み)」という結果になった。高度な安定性を追求するとこういうことになる。

コナミのARESPEARシリーズも内容によっては一概に高額すぎるとは言い切れない。スペックに表れない部分がレビューされる頃には評価が覆る可能性もあるだろう。

「ARESPEAR C700+」の スペック

OS:Windows 10 Home 64bit
CPU:インテル Core i7-9700
グラボ:NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER
メモリ:16GB(8GBx2)PC4-21300(DDR4-2666)
ストレージ:SSD 512GB(PCIe NVMe/M.2)/ HDD 1TB(SATA)
サウンドカード:Xonar AE

価格 338,800 円(税込)

やはりコナミ機は高額

単純に主要スペックのみでゲーミングPCを比較すれば、コナミ機は大手BTO機のおよそ倍額の価格設定になっている。

一般ゲーマーが同等スペックのゲーミングPCを購入する場合はBTC機を選んでおけば間違いないだろう。

なにせ同程度の金額を出せば爆速スペックの最上位クラスに手が届いてしまうのだ。

CPUは「Core i9-10900K」に、グラボには「GeForce RTX 2080 Ti 11GB」を搭載。

30万円以上を出費するなら間違いなくこちらでしょう。

一般ゲーマー向けコスパ最強のゲーミングPC

コストパフォーマンス重視のゲーミングPCが溢れかえる世の中。Youtube等のゲーム配信の影響もあって、若いゲーマーが増えてくるのは喜ばしい。

無駄を省きながら必要なものはすべて揃ってしまう時代、コスパ優秀なゲーミングPCに一度触れてしまうとなかなか元には戻りにくいものがある。

単純にゲームをプレイするなら主要スペックさえ満たせば十分に足り、ゲーム次第では高級機と何ら変わらない環境を得られるからだ。

コスパ型ゲーミングPCを選択する基準は

「無駄なく、無理なく、主要パーツはしっかり!」

例えばドスパラのゲーミングPCはコスパの面では磨き抜かれてきた。

時代に合わせた性能と価格のバランス感覚は常に優秀。糞マシンが蔓延る時代にもドスパラ機においては安かろう悪かろうの時代が存在しなかった。

自作PC派の人間にはドスパラ機と同等スペックで1台組んだら「かえって高くつく」というのはお馴染みだ。

現在、時流にちょうど良いゲーミングPCを選ぶならドスパラ1択で良い。ラインナップが豊富だから予算に合わせて最適なマシンを選ぶことができる。

タワー型を選択しておけば自作PC同様、拡張性も優秀。

昔と違い、必要スペックを満たしていればゲーム自体が遊べないという事態はほとんど起こりえない。

現行、最もおすすめなのはドスパラのガレリア Xシリーズだ。

多くのゲームタイトルを高設定、最高設定でプレイ可能なスペックを誇りながら価格が非常にコンパクトに抑えられている。

ドスパラ ガレリア【eXtend】Xシリーズ R70S

CPUは最新第10世代インテル Core i7-10700 (2.90GHz-4.80GHz/8コア/16スレッド)、グラボにはGeForce RTX 2070 SUPER 8GBを搭載。高速なSSDに排熱性の高まった最新ケース。

価格は169,980 円(+税)

>> GALLERIA XA7C-R70S

CPU :Core i7-10700
グラフィックス: GeForce RTX 2070 SUPER 8GB
メモリ: 16GB DDR4 SDRAM
ストレージ: 512GB NVMe SSD

最新CPU搭載。コナミ最上位モデルの主要スペックを凌駕しながら価格はおよそ半額になる。

ケース、サウンドカード、電源容量に違いがあるものの、純粋にゲームをプレイする上ではCPU性能のアドバンテージからコナミ機以上のパフォーマンスが期待できる。


スタイリッシュなケースに生まれ変わったドスパラのガレリア。

さらに安いゲーミングPCも侮れない性能になって選択の幅は広がっている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です