クール寝具で「ひんやり」いくために

夏場を涼しく乗り切る方法は数あれど、寝室の対策ほど重要なものはありません。夏の暑さは体を芯から疲れさせます。夏の日差し(紫外線)はお肌の深くにダメージを与えます。

熟睡には「寝つき」「寝心地」「ひんやり感」が大事!

回復のためには日々きちんとした睡眠をとらなくてはいけません。真夏の熱帯夜でもぐっすり眠れる環境を作ることは私たちが日ごろ考えている以上に大事なこと。

きちんとした睡眠をとるには、夏に最適な快適寝具を選ぶのがポイントです。色々と使った中でお得で気持ちいいものを紹介します。

本気で温度を下げてしまうものよりも、直接冷やさないタイプがオススメです。節電や健康やクーラー病対策などで冷房を弱めにする、もしくは使わない方にオススメ。

1.王様の抱き枕 クール


王様の抱き枕 クール  (専用カバー付) W30×D20×H110cm 【王様のマルチ枕をプレゼント】

王様の抱き枕のクールモデルです。かな~り気持ちよく寝付けます。噂どおりのイイヤツです!

2.エアウィーブ


airweave(エアウィーヴ) 快眠を実現する高い反発マットレスパッド厚さ3cm エアウィーヴライト シングル

浅田真央ちゃんで有名です。これは本当にすばらしいもの!通気性が抜群だから汗で蒸れて寝苦しい夏にも最高の睡眠パフォーマンスが得られます。

肩こりで腰痛もちの私にも必須です。朝起きると肩だけではなく、首も腰もやたら痛むときがあります。こうなると眠っていても全く疲れがとれません。それに夏の暑さがかさなれば夜にきちんと休めないのは確実です。たとえばこういった対策もあるのです。

3.ひんやりシーツ・敷きパッド


ottostyle.jp ひんやりシーツ 接触冷感ソフトクール使用 涼感ひんやり敷きパッド 140x195cm ダブルサイズ 【吸水/発散/速乾/清涼快適】

足先で冷たい所探しちゃいますよね。この敷きパッドがなかなかです。接触冷感の敷きパッドなら蒸し暑い熱帯夜にも「ひんやり&サラサラ」いけますね。

4.接触冷感ひんやりタッチケット

旭化成の例のヤツです。大切なのは眠り前後の1時間。程よいひんやり感で軽くてサラっとしてるから寝つき良く、眠った後も通気性がよく快適です。 クールシーツ&枕と合わせて使用すれば汗はベタつかず清涼感ある眠りに誘われます。冷房要らずで過ごすにはサラサラな寝具が必須です。

 

 

 

コメントを残す